電報とお花でお悔やみを 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

電報とお花でお悔やみを


電報でお悔やみの気持ちを伝えたいとき、花を一緒に添えてみてはいかがですか?花は悲しみを癒してくれますし、葬儀でもたくさんのお花とともに故人をお見送りするのが慣わしです。フラワー電報には弔電にも最適なものが多く、故人はもちろん、ご遺族の気持ちに沿うよい贈り物になります。


電報に使われるお花は、花束やフラワーアレンジメント、花かご、鉢植えなどが定番ですが、最近ではプリザーブドフラワーも人気があります。プリザーブドフラワーは、届いてからの手入れが不要で、美しさが1?2年ほど続きます。お悔やみ電報として仏壇に備えて貰ったり、水替えもしなくて良いので手間がかからず、墓前に置いてお供え物にすることもできます。また、鉢植えで人気があるのは優雅で美しい白い胡蝶蘭の鉢植えです。電報料金は、5本立てに台紙が付いて36,000円(「ハート電報」の場合)と、やはり他の物に比べ値段は高くなりますが、華麗で美しい胡蝶蘭の姿には心も癒され、鉢植えを育てる楽しみが増えることで、ご遺族への慰めにもなるでしょう。

電報と花を一緒に送る際、お花の選び方には注意が必要です。仏教、キリスト教などの宗教の違いに応じたお悔やみの花を選びましょう。仏教の場合なら菊、キリスト教だとカーネーションが一般的に好まれるようです。他には、白百合やカスミソウのような花だと、どの宗教でも使えるそうです。お悔やみの電報にふさわしいお花を、心からの哀悼の意をこめて選びましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター