電報の文例・お悔やみ 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

電報の文例・お悔やみ


お悔やみ電報の文章というのは、普段使い慣れていない言葉や言い回しを用いるためか、心からの弔意を伝えたくても言葉にするのが難しいですね。一般的にお悔やみ電報に用いるとよい文例を、ここにいくつかご紹介します。

お悔やみ電報によく使われる文章は、「ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。」「ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。」などが一般的です。故人が知人の父親や母親であれば「お父様(お母様)の突然の悲報に接し、驚いております。残されたご家族の皆様のご心情をお察しし?」という一文を始めに持ってくると良いでしょう。また、電報は社葬の際にも送る事が多いものです。社葬で比較的よく使われる弔文は、「社長様のご逝去を悼み、社員ご一同様のお嘆きをお察し申しあげます。」といったものです。

お悔やみ電報を送る際、注意しなければならないのが、キリスト教徒の方へのお悔やみ電報の書き方です。キリスト教は仏教とは死生観が異なるため、「ご冥福を祈る」「ご供養」「あの世」などの言葉は使わないようします。キリスト教のお悔やみによい例文は、「神の御許に召されました○○様が、安らかな眠りにつかれますようお祈りいたします」などが良いと思われます。天国へ旅立ち、神の元へ行こうとする故人を励ますような意味を含んだ文章が良いでしょう。マナーを守ってこそ、電報に込めた哀悼の気持ちが伝わるので、配慮を怠らないようにしてください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター