お悔やみの電報を送るには 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

お悔やみの電報を送るには


お悔やみの電報は、故人の自宅か葬儀がとり行なわれる寺社や斎場に送ります。社葬などに出席できない場合、電報はその会社に送ります。電報を送る際にはいくつかの注意点がありますので参考にしてください。まず、電報の宛名は喪主にしますが、喪主の名前がわからないときは故人のフルネームで、「○○○○様 ご遺族様」とします。故人が自分にとって知人の親である場合、ご尊父(そんぷ)様、、ご母堂様、ご岳父様(がくふさま)・ご岳母様(がくぼさま)などの敬称を使います。社葬の場合は社長様・会長様を使います。また、差出人の名前には自分のフルネームを書きましょう。

お悔やみは突然のことですが、知らせを聞いたらなるべく早く、お通夜が始まる前には届くようにしておくのがよいでしょう。葬儀当日に弔電紹介が行われる事も多く、現場の混乱を避けるためにもそれに間に合うようにします。葬儀の始まる時間などがわからなければ、会場に問い合わせておくのが確実です。電報と共に花束や花かごを送る際は、なおさら遺族側も置き場所などの準備が必要になりますので、早めに手配するのに越したことはありません。花を自宅に送る際には、他の方からも花が届くことを考慮したうえで、あまり大きな物にせず、控えめにするのがよい心遣いです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター