入学祝い電報のマナー 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

入学祝い電報のマナー


電報を入学祝いに貰う体験は、子供にとってはとても心に残ること。言葉のプレゼントとして喜ばれる電報ですが、ちょっとしたマナーを心がけると良いでしょう。

入学祝いの電報は、入学式前に届くようにするとよいでしょう。貰った相手も、入学していよいよ新しい世界に飛び込むんだという実感が高まります。4月に入ってすぐから入学式までの間に届くようにするとベストです。電報の文章は、「入学おめでとう」や「新しい門出」などの言葉で、夢が膨らむような内容にするのがよいでしょう。幼稚園入園を控えたような小さいお子さんには、分かりやすい文章で書き、「おともだちがたくさんできますよ。」といった楽しみが期待できる内容にするとよいでしょう。電報と一緒に、お花やフォトフレーム、ぬいぐるみがセットになったものはとても喜ばれます。ぬいぐるみは、前もってそれとなく好きなキャラクターを聞いておくと、ばっちりです。

入学祝いなどは、電報などももちろん子供に対して贈られるものなので、お返しなどは必要ないでしょう。しかしマナーとして、子供には電報をいただいたことへの感謝の気持ちを持たせて、電話や手紙でお礼の言葉を伝えさせると、送った相手にも喜ばれます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター