電報を結婚式所に送る 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

電報を結婚式所に送る


電報は、結婚式・披露宴に出席できないという場合にもよく利用されます。披露宴では、司会者から電報が読み上げられるのがよくあることですが、やむなく出席できないという場合でも、新郎新婦に寄せた心温まる言葉が、会場を和やかにしたくれたり、おもいがけないサプライズを生むこともあります。

その際、電報は結婚式や披露宴の会場に送りましょう。オペレーターに依頼する時には、届け先の式場の住所をきちんと確認して、届ける日時、相手方の氏名、メッセージ内容などもひとつにしておくと、間違いがありません。それから、宛名は新郎か新婦の名を書きますが、新婦の名前は旧姓にしておくのがマナーです。差し出し人も、いくら友人でも名前をあだ名などでは申し込まないようにしてください。また、結婚式当日は避けた方が無難でしょう。結婚式当日は混雑しており、迷惑にもなります。スタッフも前もって決めたスケジュールで忙しく、当日届いた電報は、披露宴の席で読まれずに終わる場合もあります。フラワー電報のように、電報と一緒に花束やフラワーアレンジメントが届く場合は、会場の混雑を避け、前日までには届くようにしてください。晴れの席に飾られたり、会場を盛り立てるお手伝いもできるので、より喜ばれるでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター