結婚式に送る電報のマナー 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

結婚式に送る電報のマナー


電報を結婚式に送る場合には、気をつけるべきことや、守らなければならないマナーがあります。電報の文章には心からの祝福の気持ちをこめるのはもちろんですが、言葉遣いには充分気をつけなければいけません。「切る、破れる、離れる、終わる、飽きる、失う、冷える」といった「忌み言葉」は、結婚披露宴での挨拶には使ってはならないものですが、電報でも同じこと。特に離婚や死別などが思い起こされるような言葉は絶対にタブーです。

フラワー電報でお花を贈る際にも、気をつけてほしいのが「花言葉」です。綺麗でお祝いにふさわしいと思われる花にも、意外な意味の花言葉を持つものがあります。例えばアジサイには「浮気」、赤のカーネーションは「悲恋」といった意味があります。本数に関しても、4本や13本といった縁起が悪い数字は避けましょう。選びたい花の花言葉がわからなければ、業者に聞いてみたり相談してみると、間違いがありません。

電報を送るタイミングについても気をつかいましょう。結婚式当日は新郎新婦ともに忙しく、結婚式会場も混乱しやすいので、電報は前日までに届くように手配するのが、よいマナーです。電報を送った相手に、喜んでもらうにはマナーはとても大切です。しっかりと配慮したうえで、電報を送りましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター