結婚祝い電報のポイント 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

結婚祝い電報のポイント


電報を結婚のお祝いとして送る際、気を付けたいことがあります。まず、意外と知られていない電報の宛名についてです。宛先は、新郎新婦にしていませんか?結婚式に送る電報は、新郎あるいは新婦のどちらかの父親宛てにするのが正しいマナーです。また、新婦に送るときには旧姓にすることもお忘れなく。結婚する友人に送るからといって、つい親しさから新郎新婦の名前にしてしまいたくなりますね。しかし、父親当てにする事を忘れずに、差出人名もフルネームになっているかを必ずチェックして下さい。

電報を結婚のお祝いに送るのなら、既に結婚式や披露宴の日程は数ヶ月前には分かっている事がほとんどです。直前になって慌てないように、電報の文章などは結婚式当日から1ヶ月前には、どのような内容にするのか考えて始めましょう。二人の幸せな船出を祝して、ゆっくりと時間をかけてメッセージを考えるのをおすすめします。台紙をどのようにするかは、会場の雰囲気やウエディングのスタイルがわかれば、それにあわせて選ぶとマッチしますし、選びやすくもなるでしょう。

電報は、結婚式が可愛らしい演出で行なわれるなら、ぬいぐるみ付きやバルーンがセットになったタイプを、ノーブルなイメージの会場なら、シックな組み合わせが美しいプリザーブドフラワーが添えられたものを選ぶとピッタリかもしれません。ちょっとした心遣いで、結婚のお祝い電報を印象深いものにしましょう。お祝い電報なのですからしっかりと配慮して、祝福する気持ちが伝わるものを選びたいですね。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター