電報の歴史 〜 電報

main_top_over_navi

main_top

電報の歴史

電報は、日本では西暦1869年(明治2年)12月に横浜〜東京間の国内電報が開始されたことから始まりました。以前から、離れた場所への連絡方法としては郵便が使われていましたが、電報が使われるようになり、緊急な伝達がすばやく大変便利になりました。電報は、電話がまだ高価で一般家庭には無い時代にも電報局を通じて利用されていました。






電報といえば、「サクラサク」と入試試験の合格を知らせるものは有名です。現在でも良く使われる慶弔用の電報のシステムは、1936年にスタートしています。現在、電話がほとんどの世帯に設置され、さらにFAXやインターネットを接続する家庭も多いので、伝達方法において電報は特に早い物ではありません。電話やメールが定着しても、電報は思い出と共に形が残るため、温かみを感じさせてくれ、お祝いやお悔やみのメッセージとしては変わらずに利用されています。






電報は、気持ちを伝えるためとしてはメールとは変わりません。メールのほうが便利なくらいです。しかし、電報にはより心がこもっているのです。文章の内容は、昔はカタカナが使われていました。濁点なども一字として計上されるので、濁点を用いない電報独特の文体、例えば"ヘンシンコウ"(返事をお願いします)などが使われたものです。






今は、漢字交じりの文体に、点字用の電報、はたまた英文なども可能になりました。技術革新に伴って、電報は新しい流れを汲み取りながら、言葉の贈り物として高い人気を誇っています。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 電報 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -

専用ジェット機のチャーター